猫の回虫症

猫の回虫症とは、猫に寄生して、線虫に属する寄生虫の一種である回虫によって感染される病気です。 「猫回虫」と呼ばれています。猫の体内に侵入したネコ回虫の卵は、小腸内で孵化して壁を突き破り、血管内を移しながら肺に移動します。猫回虫の幼虫は猫の全身の組織に存在し、成虫は小腸などの消化管に寄生して猫が食べたものから養分を奪って生きています。寄生した猫のうんちには高確率で卵が含有していますけど、実は卵自体は感染力はありませんが、そのまま放っておくと卵の中に幼虫が形成すれば、感染力も持つようになります。以下の文章は、猫の回虫についての原因、症状、治療および人に移す可能性を説明しております。ご参考してください。
✳原因
猫回虫の主な感染経路は経口感染です。一般的には以下の感染方式あります。
①猫回虫の卵を食べてしまう
②すでに寄生されているネズミや鳥などの動物を食べてしまう
③毛づくろいの習性が強いため、足元の被毛を舐めることで知らないうちに虫卵を取り込んでしまう
④感染した母猫の母乳からうることもある
✳主な症状
•食欲不振
•下痢
•嘔吐する
腹痛
•腹部のふくらみ(太鼓腹に近い)
•子猫の発育不良
•咳がでる
•体重減少
•貧血
•毛づやの悪化
➡注意:成猫の場合は感染しても症状が現れない場合もあるし、子猫の場合は病状が悪化することを防ぎます。または、回虫症は一度寄生したら、住み続けるという特徴がある病気なので、そのまま放っておくと自然治療ことが期待しないでください。
治療方法
駆虫薬を投与して寄生虫を駆除することができます。最初の治療で駆除しきれなかった虫卵や幼虫の可能性を考慮し、薬を投与してから2週間くらいしてもう一度検査を行い、必要があれば再度投薬します。
✳人間に感染する?
猫回虫は人にも感染することが事実です。猫への感染と同じく経口感染が主なルートで、幼児の感染例が多いです。また、猫回虫が寄生した猫に口元を舐められたり、鶏レバーを鼻で食べたりすると感染するかもしれない。ご注意してください。人に感染したら、個人による出た症状が間違います。主に発熱や咳、全身の倦怠感、食欲不振、肝臓の腫れ、視力・視野障害などが現れます。さらに、免疫力が低下する人は、アレルギーと精神異常などの症状が出る可能性もあります。