駆除剤とは

駆除剤とは、人間や農作物にとって有害 な害虫(昆虫を含む動物)を殺す(駆除する)ために使用される薬剤である。
ゴキブリに対してもっとも効果が高いのはベイト剤ですが、これは大きく2種類に分けられます。
一つが「ホウ酸だんご」です。
これは食べたゴキブリのみに効果がある非連鎖型の駆除剤です。
ホウ酸がゴキブリの消化器系に影響し、「脱水症状」になることでやっつけます。
ゴキブリは水さえあれば何ヶ月も生きるそうです。ですが、水を絶ってしまえば死んでしまいます。
ホウ酸だんごはシンプルですが、ここを攻撃するタイプです。とにかく即効性が高いです。
一般にホームセンターやドラッグストアなどで市販されている殺虫剤は一般に家庭用殺虫剤といわれ、比較的毒性が低い成分を使用している。主な用途は日常生活において害が強いゴキブリ、蚊、ハエ、ダニなどを防除するためのものであるがこれにネズミ駆除、犬猫忌避などを加えたカテゴリを一般に家庭用殺虫剤と呼んでいる。中には殺虫成分を含まない駆除目的の関連商品(捕獲器など)もあり、必ずしも化学品だけではない。
人に対する安全性については、医薬品も駆除剤も急性毒性、慢性毒性、生まれてくる子供への影響、刺激性、アレルギー性、それぞれの使用場面を想定した人及び環境に対する安全性試験等を実施して許可や承認を取得しています。